2018年04月25日

芝桜

 

穀雨過ぎの晩春の風が生暖かく感じられます。
この時期のイベントといえば富士芝桜まつりです。

一面に咲いた芝桜と富士山が見られるのは今の時期だけです。
4/14~5/27まで開催するそうです。
またハイジズフラワーガーデンの庭内にも
芝桜を少しですが見ることができます。

暖かくなりの沢山のお花で色鮮やかになったお庭を眺めながら

ゆっくりと時間を過ごされてみてはと思います。

 

wada

2018年04月22日

百花繚乱

最近では天気は正に晴天の霹靂の如く

実に驚きを感じます。

つい先程まで蒼天の晴れ渡っていた空がいつの間にか突然の雨や強風など天気はつくづく読めないものですね。

 

その悪天候の中でも懸命に華を咲かせる

それは見事に美しく 雨の降りしきる中でも

濡れる様には妖艶さえも感じ取れる

正に絵になるとはその事かと思います。

 

 

TAKUYA

2018年04月11日

暖かくなってきました。

暖かい日が続いていたので河口湖の桜は

徐々に散り始めてきました。

少し寂しい気がしますが暖かくなればバラや芝桜などの

花や木が色づき始めるので、今からの時期は

窓から変わる景色を見るのがとても楽しみです。

白土

2018年04月04日

春のイベント

花咲く春になり、新たな生活がスタートします。
暖かくなるにつれて、いろんなイベントが行われます。
まず開催されるのが、
富士山と湖と桜の名所、河口湖北岸エリアを中心とする富士さくら祭りです。
雄大な富士山と湖面をバックに桜が楽しめ、絶好の撮影スポットとなっています。
湖岸の桜並木を散策しながらの花見も格別です。
満開の時期にはライトアップも実施され夜桜も楽しむことができます。

4月14日~22日まで期間中毎日開催するそうです。

陽気な気候に包まれた春の河口湖で、桜のイベントを楽しみたいと思います。

 

 

chie

2018年03月27日

ハーバリウム

寒さも日ごとに和らいで、ガーデンにも沢山の花が咲くのが待ち遠しい季節になりました。

ポモドーロレイクビューでは新しく、”ハーバリウム”という商品の販売を始めました。

ドライフラワーを透明な液体と共に瓶詰めしたもので、見た目にも華やかで、花粉や花びらが散る心配もなく飾れるので、インテリアとして人気があります。
様々なお祝い事や、ご挨拶などに添えても喜んでいたただけると思います。

 

 

ぜひお立ち寄り下さい。

 

ミヤシタ

 

 

2018年03月20日

小さな幸せ

暖かい日が増え河口湖にようやく、春の訪れを感じます。

イタリアントマトクラブではテラス席もあり、今の時期ですとスミレが咲いております。

 

外で食べるお食事はゆっくりと時間が流れ、忙しい毎日を忘れさせてくれそうです。

また愛犬と、お食事ができます。皆で食べるお食事は、より美味しく感じられそうですね。

小さい春を探すように、イタリアントマトクラブでも小さな幸せを見つけてみませんか?

pinna

2018年03月11日

雪解け

先日まであった河口湖の周りの雪もすっかり解けて、日中は体もぽかぽかとしてとても過ごしやすくなって参りました。
ハイジスガ─デンの庭にあった雪も解け、草花が日に日に成長し今では春一番に咲くクリスマスロ─ズが見事に咲いてます。

 


こんな陽気にはお弁当を持って外で食べたくなりますね。
もうすぐお花見の時期に成りますが、河口湖の桜はもう少し先に成りそうです。
これから庭の草花が咲き誇ると色鮮やかで今からとても待ち遠しいです。
白倉

2018年03月06日

小さい春

三寒四温の言葉通り、春に向けて寒さと暖かさがせめぎ合いながらやって来ているのが、

河口湖でも感じられるようになりました。

三月と言えば、卒業シーズンです。
店内でも式後の家族連れの方、卒業旅行のグループの方が楽しそうにお食事をされているのが見受けられ、
暖かい春を感じられるような穏やかな時間が流れています。

ハイズフラワーガーデンの庭内でも、少しずつですが、小さい春を感じることができます。

 

これからもお客様に少しでも喜んで頂けるよう、温かいサービスをしていきたいと思っております。

渡辺

2018年03月01日

ひな祭り

我が家では 子供達の “もっと長く見ていたい!” のリクエストに応え
お雛様を 2月の中旬頃には飾ります。

雛祭りは女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事。
ひな人形に桜や橘、桃の花など木々の飾り、雛あられや菱餅などを供え、
白酒やちらし寿司などの飲食を楽しむ節句祭り。

雛祭りの起源は季節の節目や変わり目に災難や厄から身を守り、
よりよい幕開けを願うための節句が始まりとされています。

日本の数多くの伝統行事、大切にしていきたいですね。

Naka

2018年02月18日

実りの春

立春を過ぎ暦の上では春になる2月中旬ですが、まだまだ全国的に寒さは厳しいですね。

2月は朝夕の寒さが厳しい季節ですが、早く春にならないかと思い始める時期でもあります。
余寒の中にも日差しの暖かみを感じ春の訪れが待ち遠しい日々です。

 

莓が最も美しく沢山出回る時期が1月から3月頃と言われてます。
今が旬の時期である莓ですが、奥深い意味を持つ食べ物です
莓はバラ科の多年草の一種です。
植物の分類や農業上では野菜になるそうです。
一方で市場では果物として扱われていて、流通上は果物の分野だと聞きます。

花言葉があり「幸福の家庭」です。
親株から多数の小
ツルが伸びてそこから小さな莓が身を成すことが子供を連想させ花言葉の由来になったと聞きます。
他にも「尊重の愛情」「先見の明」などがあります。
莓の情熱の紅と言わんばかりの鮮やかさで妖艶な程の艶の美しさが見ものですが、
莓から家庭の愛情を連想する事はなかったので、見方が変わってくると思います。

莓は甘酸っぱい香りにあふれています。
爽やかで新鮮な莓の味に魅入られてしまいますがこれからは莓の意味深さも思いながら味わって食べようと思います。

小林