2023年11月28日

よまわれる

わたしが勤務している長寿村 権六 笛吹店では、
毎日たくさんの団体のお客様にご来店いただいています。

甲州名物「本格煮込み 信玄ほうとう」をメインとした、
団体のお客様専用メニューは、
鮑の煮貝のスライスや混ぜごはんのセットが
山梨県ならではで、県外のお客様からもご好評です。

その他にも上野原市の郷土料理である「せいだのたまじ」や
自社農園産そば粉や、時期によっては山梨県産そば粉を使用した、
お店で挽いた「石臼挽きそば」などもあり、
お食事をされたお客様には、漬物や煮物などが楽しめるバイキング「おごっそう」を無料でお召し上がりいただけます。

県外のお客様も多くいらっしゃるので、
「よまわれるってどういう意味?」と、よく聞かれます。

お店には、自社で作成した甲州弁エッセイ「権六の世迷言」が
置いているのですが、
やはり入り口にある看板はお客様の目に留まることが多いようです。

そして、「よまわれる」という甲州弁は「叱られる」という意味。

従業員が着用している背中の文字も相まってか、
女性のお客様には「いいわね~」と笑顔で、
男性のお客様には「お~怖いね~」とお茶目な表情で
お声掛けいただくことが多いです。

いろいろな山梨県の魅力を感じていただけたら嬉しいです。

営業本部 直営店 丸山

2023年10月29日

秋を感じるのは

モミジの色が黄色や赤へと変化を始めた河口湖。
遠くの高い山から始まる紅葉も、ついにこちらまでやって来たようです。

ピラミッドアジサイ。
咲き始めは白いアジサイですが、咲き進むと緑色へと変化し
その後、寒さに当たるとピンク色になります。
なので、このピンク色は秋が進んだ証拠。
毎年、ピラミッドアジサイから季節の変化を感じています。

ナナカマド。
本来この時期は真っ赤な葉と、真っ赤な実があるはずのナナカマド。
今年はうまく紅葉せず、茶色くなった葉は先に落ち、実だけが今残っています。
暑さが厳しかった夏のせいか、秋の訪れが遅かったせいか。
寒い地方で育つナナカマドにとって、河口湖の気候も合わなくなってきたのかもしれません。

レモンマリーゴールド。
秋が深くなってから開花する、貴重なお花。
黄色い小さな花が株全体を覆うようにたくさん咲きます。
また葉から漂う香りはとても強く、柑橘系が濃縮されたような、
表現の難しい独特なハーブの香りがします。
好みは分かれますが、晩秋まで咲き続けるありがたいお花です。

遠藤

2023年10月15日

今年は何を

小淵沢店もオープンして2年が経とうとしています。

グランドオープンの準備でバタバタしていた時期が、
私の人生の中で一番忙しかったと記憶しております。

小淵沢店の2階の軒下には、オープン時は「干し柿」を、
昨年は「赤唐辛子」を吊るしていました。

最近、常連のお客様から
「今年は何を吊すの」と、尋ねられることがあります。

私も、今年は何を吊すか知らなかったので
「何が似合いますかね」と、お客様と冗談交じりに話していました。

今年は「トウモロコシ」でした。

自社農園ハイジの野菜畑で育てた爆裂種のトウモロコシです。

昔からトウモロコシは雷除けとされていて、それが魔除けになり
豆が多いほど、まめまめしく健康に働けるとされているそうです。

小淵沢店にぴったりな縁起の良いものですね。

長寿村権六小淵沢店 田口

2023年10月04日

至福のお月見

私には1年の間に最も楽しみにしていると言っても過言では無い、
桔梗屋のお菓子があります。

それは、月見だんごです。

桔梗屋に入社する前、
知り合いから桔梗屋のお月見だんごをもらって食べてから虜になりました。

もっちもちでほんのり甘いお餅と、程よく甘いつぶし餡が私の好みにピッタリで、
いつも十五夜が近くなると、月見だんごが楽しみで仕方ありません。

同じく、お月見限定のうさぎ薯蕷饅頭も
もちもちの皮と、みずみずしいこし餡が絶妙で、
こちらも美味しいので、月見だんご同様に楽しみにしています。

月見だんごは39年前と変わらない64円という価格なので
たくさん買って、知人にあげて、美味しさを共有しています。

そのため、私の周りには桔梗屋の月見だんごとうさぎ薯蕷饅頭のファンが多いです。

そのまま食べても、もちろん美味しく、
トースターやフライパンで、少し焼き色をつけた
温かいお月見だんごを食べるのも至福です。

どちらも美味しいので私は交互に食べます。

十三夜の月見だんごも楽しみです。

直営店 小林

2023年09月21日

立ち上がる穂

お彼岸も迎え、暦の上ではすっかり秋ですが、体感ではまだまだ夏。
でも花壇を見れば秋真っ盛りで、着実に季節が進んでいることを実感させてくれます。

今年はグラス系の植物が大きく成長し、穂を立派に伸ばしています。


パンパスグラス。

昨年は数本だった穂も、今年は10本ほどに。
また大株になると3メートルは超えていくというパンパスグラス。
そんなにスペースのある場所ではないので、どこまで育っていくのか
少しヒヤヒヤしながら見守っています。


チカラシバ。

道端でも見かけることもある雑草の仲間。
ブラシのような穂が印象的で、昨年花壇に植え込みました。
一年でここまで大きく育つのには驚き、雑草の底力を実感しましたが、
おかげで秋をより強く感じられています。

 

グラス系の他にも、シュウメイギクや宿根アスターが見頃を迎えています。

 

遠藤

2023年09月17日

秋と言ったら食欲の秋

お客様が「秋と言ったら食欲の秋」と、言って
ほうとうと一緒に追加のご飯を注文されていたのが面白く、
ついお客様と笑ってしまいました。

今年は残暑が厳しいですが、もう秋なんだと実感した瞬間でした。

長寿村権六小淵沢店も9月から秋メニュー。

特に「秋のミニミニDON」は根強い人気があり、
このメニューを食べるために来店されるお客様もいらっしゃるほど。

「昨年食べて、ずっと待っていた」など、嬉しい言葉を頂いています。

秋ならではの栗のおこわや秋刀魚の竜田揚げなど
食欲を誘う品ばかり。そして私の好物ばかり。

調理しながら、お腹が空いてきてしまうのは、
ほかのスタッフには内緒です。

長寿村権六 小淵沢店  田口

2023年09月16日

秋の変化に気づく時

私の鼻がなんだかムズムズ。
いよいよ秋花粉の到来、朝晩の少し涼しくなった風が私の鼻をくすぐります。

実家では、私が母の日にプレゼントしたドルチェヴィータの紫陽花が
こんなにも鮮やかな緑色に変化していました。

渋めの紫がこんなにも変化するのには驚きです。

子供達は空を見上げ、「お母さん、羊雲だよ。」 と教えてくれたり、
「今日は虫の声がするね。」なんて言ったり、秋の訪れを報告してくれます。

先日、保育園の親子遠足に行ってきました。
親子で行く遠足はこれで最後と思うと、
子供達より私のほうが楽しみで、前日は寝れずにいました。
お弁当を広げ、お友達と楽しそうに過ごす姿を
忘れないようにたくさん写真を撮りました。

季節の変わり目と共に、こうして寄り添って幼い子供達の成長を見ていくのも
わずかだと思うと、日々の変化を大切にしていきたいという気持ちになりました。

清水

2023年09月16日

美味しさ、いろいろ

先日、桔梗信玄餅工場テーマパークに行ってきました。

社員特価販売1/2では、私の大好きな桔梗信玄生プリンが並んでおり、
知り合いの分と家族の分を、迷わず購入しました。

そして、今回は初めて桔梗信玄シェイクを飲みました。

私の想像を超えた濃厚さで驚きましたが、
やはりバニラと黒蜜、きなこの相性は最高です。

桔梗信玄ソフト+とはまた違う美味しさなので、
その日の気分に合わせて選ぶと良いなと思いました。

帰宅してから、夕食後のデザートに桔梗信玄生プリンを出すと、
「やっぱり美味しいなあ」「買ってきてくれてありがとうね」
と、家族に喜んでもらえて嬉しかったです。

直営店 小林

2023年08月01日

久々のテーマパーク

桔梗信玄餅工場テーマパークに行こう。

休みの日、唐突に思い、車を走らせました。
平日にもかかわらず、多くのお客様で賑わっていて活気を感じました。

私は桔梗信玄餅工場テーマパークに行ったら、
必ずプライスハーフRond.に寄ります。

プライスハーフRond.は、今年できたばかりのお店で
桔梗屋の洋菓子店Rond.のアウトレットショップです。

私のお目当ては家族揃ってお気に入りのエクレア。
今回も無事、購入出来ました。

ショーケースを見ていたら、実りのマカロンも食べたくなったので、迷いなく購入しました。

実りのマカロンは10種類の味があるのですが、
その中でも私が好きなのは、ブルーベリー、いちご、栗、米麹クリーム、キウイです。

大石ハナテラス内にあるハナカフェキキョウで働いていると、
実りのマカロンをお求めのお客様から、
「スタッフのおすすめの味を買いたい」と、ご注文を頂くことがあり、
そういった時はいつもこの5種類をおすすめしています。

購入品は夕食後のデザートに。
家族みんな、「美味しい、美味しい」と言いながらペロリと完食でした。

今度は家族で遊びに行きたいです。

直営店 小林

2023年06月29日

初めてのパイ作り

6月は従妹家族も含めて誕生日の人が多いので、
この前、親戚の集まりがあった際に
かぼちゃミートパイとバナナカスタードパイを作りました。


(かぼちゃミートパイ)


(バナナカスタードパイ)

作業自体は簡単なので、様々なレシピを試したくなります。

ネズミ好きの私は、お菓子作りをするときも
やっぱりネズミを取り入れたくて、パイシートでネズミを作ってみました。
この、ネズミ作りに一番神経を使いました。

初めてにしては見た目も味もうまくいき、
家族みんなに喜んでもらえたので良かったです。

ひとつ気になる点を挙げると、カスタードの柔らかさと味が
私の理想とはかけ離れていたことです。

私はなめらかでもったりした、バニラの香る
Rond.のカスタードが好みなのですが、
どのレシピが理想に近いのか、見当もつきません。

まずは美味しいカスタードを作れるようになって、
どんどんお菓子作りのレベルアップを図りたいです。

直営店 小林