2018年08月16日

秋の訪れ

お盆過ぎると暑さも落ち着いて、秋の気配が訪れてくるのに、まだ暑い日々が続いています。
それでも、秋の匂いが漂うかのようにここ河口湖ではコスモスが咲き始め、
夜には鈴虫の声も聴こえるようになりました。

   
湖畔から流れてくる心地良い風を感じて、
本日もハイジズフラワーガーデンでは沢山のお客様がお食事を楽しまれています。
皆さんも秋の気配を探しに来て見ませんか。
桒原

2018年08月09日

夏の風物詩

先日河口湖湖上祭が行われました。

富士五湖の花火大会の締めを飾る大きなお祭りです。

ハイジズフラワーガーデンでは毎年、屋台を出しています。

1週間前には提灯を飾るなどの準備が始まり、少しずつお祭りらしい雰囲気が漂うように。

当日はお祭り担当スタッフが河口湖でも気温30℃を超える暑さの中で、朝から準備をし屋台が完成しました。

焼きそば、ポテト、フランクフルト、桔梗信玄ソフト+、天然水のかき氷、明野大根もち、きゅうり、もつ焼き、などなど。

私はレストランで働いていましたが屋台の様子を見ると大変賑わっていました。

中でも人形すくいと玉ゼリーは子供たちに人気でとても盛り上がっていました。

今年もたくさんのお客様にお越しいただき、楽しんで頂きました。

mina

2018年08月01日

湖上祭

 

最近では各地で記録的猛暑日が続いています。

ちまたではもう夏真っ盛りで家族でバーベキューやスイカをほおばり、森に行って虫取りなどして自由研究、また夏の風物詩でもある花火などを楽しむ

季節を迎えました。

 

今年も夏の代表とも言えるイベント湖上祭が始まります!

富士五湖を代表する花火大会で見る人を魅了する

圧倒的な迫力 その迫力に引け劣らない美しさ

まさに職人技と魂のこもった花火は毎年数多くの

お客様を魅了しています。

ぜひお越しください。

拓弥

2018年07月25日

青葉

土用に入りましてから、ますます猛暑しのぎがたい日々が続いております。
そんな中レストランにある観葉植物に新しい命が宿りました。
青々とした葉がすくすくと元気に育っています。


まだまだ暑い日が続きますがその暑さに負けず頑張りたいと思います。

 

wada

2018年07月12日

メッセージ

梅雨明け後、
久しぶりの晴れ間が続いています。
気分的にウキウキしちゃいます。

河口湖では連日スイスブュッフェのバスで賑わっています。
メニューも何品か代わり、より一層楽しめる内容になりました。

先日、お客様が帰ったあと
こんなメッセージを見つけました。

とても心温まるメッセージで感動しました。

あーまた明日からもお客様が楽しんで帰れるよう

頑張ろうと言う気になれました。

 

ide

2018年07月03日

夏のテラス席で

7月に入り、夏が来たと感じるようになりました。私は毎朝、河口湖大橋から見える富士山の変化を楽しみにしています。ここ数日の暑さで富士山の雪は一気に溶け、すっかり夏の山の姿になっていました。

先日、ハイジズフラワーガーデンの庭にあまり見かけない鳥がいました。
オナガという鳥です。名前の通り尻尾が長く、羽ばたくと水色の羽根が見えます。

青々とした芝生の中を気持ちよさそうに飛び回っていて、鳥にとってもハイジズフラワーガーデンの庭は心地の良い場所なのだと感じました。
ハイジズフラワーガーデンの庭の新緑だった木々も深みを増してきました。テラス席では木漏れ日が揺れ、ゆったりとした時間を過ごすことができます。


テラス席からの景色は季節によって変化するのでこれからどんな景色が見られるのか、とても楽しみです。

清水

2018年06月28日

一段とステキなお庭

この度私、イタリアントマトクラブ1stに戻って参りました。
結婚をしまして、一時期お店をはなれていましたがまた5年ぶりにお店に戻ってきました。
お久しぶりなはずなのにどこか懐かしくもあり、新たな事も増え毎日がとても新鮮で楽しいです。

お庭も一段と美しくなりお花を眺めるのが日課になりました。

 

omata

2018年06月20日

今を大切に

気がつけば、すでに一年の半分の時間が過ぎました。

つくづく一年はあっという間ですね。

子供の頃はただがむしゃらで、大人になってもそれは変わらなくて。

じゃあ、どうしてこんなにも一年が早いんだろうと考えたとき、

そうか毎日を一生懸命に生きているからだと思いました。

ただ生きてるのではなく、常に何かを感じられているから。

明日はこんな日にしたい。こんな自分になってたい。1日1日を楽しむ。

いつ何があっても後悔しないようにと。

 

 

 

誰かに言われました。

 

人生は長さではなく、どう生きるかだ。

 

 

お庭の花が一番綺麗な季節になりました。

 

太陽にカンカンと照らされた花もキレイですが、雨に濡れた花も儚げでうつくしいです。

移り変わる四季と共に、毎日を大切に過ごしていきたいです。

 

pinpa

2018年06月13日

June bride

先日、私達の仲間のスタッフの結婚式がありました。

私達も楽しみにしており当日はお二人の人柄のように、

とても温かい笑顔溢れる披露宴なりました。
本当におめでとうございました。

6月に挙げる結婚式の事をジューンブライドと呼ぶことが多いようですが
ヨーロッパでは古くから言い伝えがあり、

ローマの神話に登場する神々の女王ユノ(結婚 出産 育児など幸せを司る神様)が守護する月が6月であり、

花嫁さんはその加護によって幸せな結婚生活を送ることが出来ると言うのが、
ジューンブライドの言い伝えの由来にもなっているそうです。
とても素敵なシーズンなのですね。

ハイジスフラワーガーデンでは
6月16日(土)ブライダルフェアを
予定しております。
新緑と花庭園 湖畔から優しく流れ
てくる風 是非 感じ見て下さい。
お待ちしております。

 

miho

2018年06月13日

雨上がりの香り

2018年、Heidi’s flower gardenの庭の様子です。

ほんの一部ですが写真で、

雰囲気が伝わりますでしょうか。

私はここのポモドーロでケーキを選んで、

テラスでケーキを食べるのが大好きで

以前は愛犬と、

今回はバラが咲く前でしたが愛娘を連れて

休日を過ごしました。

 

 

静かな空間の中で、

雨上がりには色濃い緑の草の匂いと、

花の香りが深呼吸すると胸いっぱいに広がります。

 

 

 

以前、生花店に勤めていた時先輩に

「花はね、土に根付いて咲いている状態が茎も力強くて

綺麗なんだよ」

「だから、春ちゃんには今の状態が当たり前と思う人になってほしくないな」

 

というのも、

生花店では切り花の状態で入荷し、

少しでも萎れてしまえば

破棄をしてしまい次々と新しい花を仕入れます。

 

花屋ではそれが当たり前のことですが、

花が大好きで、花を大切に育てている先輩ならではの言葉でした。

 

 

桔梗屋グループの花屋“Dolce vita”では、

花が販売できない状態でも、

花が綺麗であれば店内に飾ったり、

ドライフラワーにして花の最後を見送っています。

 

このHeidi’s flower gardenの綺麗に咲く

花を見るたびに、先輩の言葉を思い出します。

 

今年も優しい花が河口湖の爽やかな

空気の中、気持ちよさそうに咲いています。