2022年06月25日

リニューアルオープンとお花

本日の河口湖は快晴。
雲一つない清々しい朝を迎えています。
梅雨明けはもうすぐでしょうか。

さて、6月17日にリニューアルオープンを迎えた桔梗屋河口湖フラワーガーデン。
庭仕事を担当している身としては、バラの開花と共にお客様をお出迎え出来たことを、嬉しく思います。

(オープン前日の通路のバラの写真)

今年のバラは冬の寒さで枯れ込んだ枝も多かったので、場所によっては花数が減りましたが、
メインの通路は綺麗に咲いています。

またボーダー花壇も見頃を迎え、今年も白いお花のオルレアがふんわりと全体を包むように咲いています。

お客様からどんなお花か尋ねられることも多いオルレア。

この花壇では夏にこぼれた種が秋に発芽し、そのまま冬を越します。
すると、春から初夏にかけて次々と開花していきます。

一度植えれば、ほっといても育つ
手間のかからない良い子です。

 

endo

2022年06月23日

夏の訪れ

1年で最も昼が長い「夏至」を迎えた先日。

仕事を終え帰宅すると、スイカがありました。

母に尋ねると、友人からの頂き物とのこと。

 

その日の夜は手をつけず、翌日、よく冷やしてから

食べやすい大きさにカットして食べました。

 

水分量の多いスイカはとてもジューシーで、

甘い果汁が口いっぱいに広がり美味しかったです。

お塩を少しだけかけると、さらに甘さが引き立ち、

時折、鼻を抜けるウリ科独特の香りも清涼感があり、

味と香りの両方を楽しめました。

 

同日、我が家の各部屋に扇風機が設置されているのに気付きました。

初物のスイカと扇風機の登場、夏の訪れを感じずにはいられない日でした。

 

セレオ甲府 郷土料理 信玄 小川

2022年06月20日

心構えと贅沢スイーツ

近頃、旅番組を見ることが増えました。
いつか行きたい旅行や遊びの計画を立て、
楽しい妄想をふくらませる事が、最近の趣味です。

その前にまずは3回目のワクチン接種。
痛いかな、副作用怖いなと不安と恐怖が私の心を駆けめぐります。

この不安を取り除くには、スイーツしかない。

そう考えた私は、体調が悪いときでも食べたくなる、
ぶどう、白桃、さくらんぼのゼリー「甲斐の実り」を
文学館黒蜜庵きなこ亭で沢山買い込んで来ました。

果実の甘みをしっかり感じられる、
さらっとしたのど越しの良いゼリーは
ついつい、何個も手に取りたくなる美味しさ。

ワクチン接種の心構えと言い訳しながら、贅沢な気分に浸っています。

アートアーカイブス宮川

2022年06月15日

山の恵み

 

先日の休みに、家族で山へ行って来ました。

祖母の知り合いが山奥に住んでいる事もあって、

毎年この時期、5月下旬から6月半ばに山椒の葉や実を採りに行きます。

 

山に入ると、澄んだ空気と涼しい気温に癒されます。

山椒を採った後は、いつも知り合いが料理を振る舞ってくれます。

山椒の実や葉を、しらすと炒って塩のみでシンプルに仕上げた

ちりめんじゃこが絶品です。

採りたてのものを使用しているので、

より香りが強く、白米とも良く合い、とても美味しいです。

 

調理の仕方を教えてもらい、実際に何度か家で作ってみましたが

全く違う味で、「どうしてあんなに美味しく作れるのだろう」と

毎回不思議に思います。

 

また山椒を採りに行ったら、挑戦してみたいです。

 

そば・ほうとう郷土料理信玄

杉渕

2022年06月14日

乾杯に感謝を込めて

セレオ甲府5階にある郷土料理そば・ほうとう信玄では、17時以降にお酒類をご注文されたお客様を対象に、

スタッフが「乾杯」のお声かけをしています。

 

最初のお飲み物をご提供する際に、スタッフもニセモノのビールが入ったジョッキを持って、

お客様と一緒に「本日もお疲れ様でした、乾杯」と、明るくお声かけしてます。

この取り組みを聞いたときは、「初対面の私なんかと乾杯してくれるだろうか」「迷惑に思われないだろうか」と、不安に思いましたが、実際に取り組んでみると、「ちょっとびっくりしたけど嬉しいです」「こういう雰囲気は久しぶりだね」と、多くのお客様に喜んで頂けました。

私の心配は必要なかったようで、お酒を飲まれるお客様にとって「乾杯」は、なにか特別な掛け声のように思えます。

常連のお客様にも相変わらず好評です。

「乾杯」の際、お客様と会話をしたり、笑顔のお客様を見たりすると、

お客様との距離感がグッと縮まったような気がして嬉しく思います。

 

今後も、お客様との出会いに感謝を込めて「乾杯」をしていきたいです。

 

セレオ甲府 郷土料理 信玄 小川

2022年06月13日

山梨の夏を味わうDON

 

ほうとうを食べながら腕まくりをしたり、上着を一枚脱いだりする

お客様の姿を見かけます。

学生さんの制服も夏服に衣替えし、小淵沢もいよいよ暑くなってきました。

長寿村権六小淵沢店で人気の季節のミニミニDONも

6月から夏のメニューにかわりました。

夏が旬のコーンを使ったかき揚げや枝豆のご飯、

郷土料理冷やしほうとうのおざらなど、山梨の夏を味わえる逸品です。

青色の敷き紙で、見た目も爽やかです。

季節でかわるミニミニDONを楽しみにされるお客様が多く、

「今度友達をつれてまた、食べに来ます」と、嬉しい言葉を頂きました。

もっと多くのお客様に山梨の夏を味わってもらえたら嬉しいです。

長寿村権六小淵沢店 田口

2022年05月27日

夏メニュー開始

61日から、いよいよ夏メニューを開始します。

 

それと同時に、61日から630日までセレオ甲府で行われるイベント「雨の日特典」では

11時の開店時に雨が降っていた場合、お食事をされたお客様に「桔梗信玄棒」をおひとつプレゼントさせていただきます。

 

67日頃を予定している梅雨入りも、

こういったイベントがあると少し待ち遠しくも感じます。

 

そば・ほうとう 郷土料理 信玄 セレオ甲府店の夏メニューは

「しゃりしゃりそば」と「おろし納豆そば」、「天然氷のかき氷」。


 (写真:しゃりしゃりそば)

 

しゃりしゃりそばは、凍らせたそばつゆのシャリシャリとした食感が楽しめ、

特に暑い日には食が進みます。毎年、老若男女問わず人気のメニューです。

 

更に、6月中旬から7月下旬に行われる予定の

セレオ甲府のイベント「初夏メニュー特集」では

「ばくだん丼から揚げセット」の販売を期間限定で行います。

 

夏バテ予防にも効果があるオクラや納豆などのネバネバ食材を使用した丼ぶりに、

国産鶏の唐揚げも付いてボリューム満点です。

 

期間限定のメニューが待ち遠しく、

ご来店していただいた際には、ぜひ一度食べていただけたらなと思います。

 

 

そば・ほうとう 郷土料理 信玄 丸山

2022年05月20日

 フランソワ・ポンポン展 特別メニュー

梅雨の予感。
透き通った雨上がりの空の下、花開いた薔薇に雨の雫が光っています。

山梨県立美術館内レストラン アート・アーカイブスでは
4月16日から6月12日の期間限定で
フランソワ・ポンポン展特別メニューのコース料理をお楽しみ頂けます。

山梨県産の食材をふんだんに使用したコース料理で
例えば、オードブルには富士の介のポアレと
甲州ワインビーフのローストと甲州地鶏のムースの三点盛り。
メインは富士桜ポークでハムとチーズを包み、油で焼いた
伝統的なフランス料理のコルドン・ブルー。

その中でも、私のお気に入りはスープ。
あけぼの大豆の枝豆のビシソワーズです。

お豆の味のクリーミーな冷製スープは
見た目からも初夏の爽やかさを感じます。

エディブルフラワーやハーブで彩り
お客様からも歓声があがる素敵な逸品です。

日々変わるお花の素材を活かし、
楽しんで頂けるように盛り付けていきたいと思います。

アートアーカイブス宮川

2022年05月13日

2日遅れの母の日

先日は母の日でしたね。

毎年母の日当日は、ドルチェ・ヴィータのお花をプレゼントしているのですが

今年は仕事の都合でタイミングが合わず、我が家は2日遅れの母の日となりました。

 

今回は可愛らしいフラワーボックスに無料のメッセージカードを添えました。

普段恥ずかしくてなかなか言えない言葉も

プレゼントと一緒なら不思議とすんなり言えるものです。

ぜひこれからも元気に長生きしてほしいと思います。

 

来月は父の日ですが、既に何をプレゼントしようか悩み中。

お酒好きの父なので、今年はお酒をプレゼントしようかなと思っています。

もちろん感謝の気持ちも忘れずに。

 

 

直営店 望月

2022年05月07日

 

笛吹川の河川敷にはアカシアの花がたくさん咲き、

白くて柔らかな花が揺れて、爽やかな風を感じる季節になりました。

 

ハナミズキの花が咲き終わり、アカシアの花が咲くと母の日が近づくというサイン。

娘の服にアイロンをかけながら、母の事を考えていると

なんだか懐かしい気持ちになりました。

 

アイロンの匂いは母の匂い。

私の為に、母はアイロンかけを毎日欠かさずしてくれました。

自分の歳を考えると少し恥ずかしいことかもしれませんが、

匂いって意外と覚えているものですね。

 

 

先日一緒に、通信販売カタログを見ていると

「この卵焼きのフライパンと、ブラウスが欲しいから注文しておいて」と、頼まれま

した。

 

よし、このまま母の日としてプレゼントしてしまおう。

たまにはサプライズではなく、欲しい物をプレゼントするのもいいかな。

 

 

あとは母の大好きな桔梗信玄餅生ロールと

ドルチェヴィータの紫陽花も添えて、準備万端。

 

 

母からもらった優しさを大切にし、

これからもたくさんありがとう、を伝えられるように

元気でいてもらいたいです。

 

 

直営店 清水